保険診療

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

保険の入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)

【人工歯】
種類が限定されている為に場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。
【歯肉部】
汚れが付きにくく、装着感が良いですが、基本的な形態だけで、制限があります。
【義歯床(樹脂)】
金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。
【維持装置(留め金)】
残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定する為、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。

どちらの入れ歯も審美性やフィット感、食べ物の温度の伝わりやすさなど機能性では劣りますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

そして、何より経済的であり、患者様・技工士・歯科医師でのコミュニケーションがしっかり取れていれば、保険の入れ歯でも健康的に過ごすことは可能だと考えております。

自費の入れ歯

【人工歯】
患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形が用意されています。
【歯肉部】
汚れがつきにくく、装着感も良く、また、ご要望にあわせた形態を作ることもできます。
【義歯床(金属床)】
入れ歯が落ちないように固定したり、入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えたりします。金属を使用した場合は、薄く装着感がよい。
【維持装置】
残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来ます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくくなっています。

自費の入れ歯の種類

 
チタン(総入れ歯・部分入れ歯)
やさしい
安定した皮膜におおわれ、金属イオンが溶け出さないチタンは、生体親和性に優れ、害を与えないことが証明されており、そのため、金属アレルギーなどの心配がありません。
おいしい
金属味がほとんどありませんので、義歯使用による味覚に変化が起こりません。 しかも適度な熱伝導性があって、食物の暖かさや冷たさを感じることができます。
かるい
比重は一般的に義歯に用いられる金合金の約1/4と軽いのがチタンの特長。重い義歯から患者さんを開放します。
薄くできる
義歯(特に上顎口蓋部)が薄く、装着感が良好。舌の動きも自由で発音が明瞭。
丈夫
汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい。
 
 
Kデンチャー、 コンフォートデンチャー(総入れ歯)
変質しない
生体の組織液による影響や経年変化が極めて少ない生体用シリコンを使用し、変質しない裏装加工を実現しました。
剥がれない
接着剤を一切使用しない重合による接着で剥がれの原因を排除しました。  さらに、さまざまな試験を繰り返し、通常使用における変質や剥離が起こらないことを証明し 3年間の品質保証を可能にしました。
吸着が良い
適度な弾性によって吸着性を大幅に向上しました。また、ズレが起きても吸盤のように吸いつき、咀嚼による顎の上下左右の動きにも対応しました。
しっかり噛める
表面硬度がやわらかく粘弾性があるため、咬合力の適度な分散と粘膜への刺激が軽減されました。  噛みしめることでの痛みがないため、通常義歯の2倍以上咬合力を実現しました。
入れ歯による歯ぐきの痛みを感じない
生体用シリコン独特の粘弾性によって、粘膜にかかる負担を軽減します。
 
 
ノンクラスプデンチャー (部分入れ歯)
見た目が入れ歯を感じさせない
金属のバネが無く、バネの替わりに弾力のある素材で出来ていますので、見た目にも違和感がなく、口元が気になりません。 笑顔に自信が持てる部分入れ歯です。 食べ物が入れ歯に挟まる事が少なくなります。 入れ歯に透明感があり、歯茎と見分けがつきにくい。 薄く、軽く、弾力がある素材。とても良くフィットします。
廻りの歯を傷つけない
ブリッジのように歯が欠損している部位の前後の健康な歯を削りたくない方に最適です。
他の治療が困難な方
金属アレルギーの方にも最適です。 インプラントによる修復が困難な方(手術が怖い、十分な骨量が無い、金額的にもっと抑えたいなど)。
 
 
マグネットデンチャー(部分入れ歯)
装着・取り外しが簡単
わずらわしいバネや複雑な仕掛けなどがないシンプルな構造なので簡単に装着・取り外しができます。
ピッタリ固定
良く噛める 小さくても強力な磁石の力でぴったりと吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中でガタガタ動くことがありません。会話も容易で楽しくなります。
自分の歯で噛め全身の健康を増進
自分の歯で食事することで、脳に刺激を伝え、全身の健康につながります。
見た目が入れ歯を感じさせません
入れ歯の外側から見えるバネ等がないので、見た目もスッキリと自然で上品です。
お手入れが簡単
入れ歯がシンプルな構造なっているので、お手入れなどのメインテナンスが簡単にできます。
抜くとあきらめていた歯を利用
歯周病でグラつき始めた歯でも、横に力が加わるとはずれる磁石の性質を利用することで、その歯を抜かずに歯根を利用できます。根だけの歯も利用できます

表面

裏面