部分入れ歯

部分入れ歯の問題点

最初の問題点は口の中に入れ歯という異物を入れることになります。次に残っている歯が噛み合わせによる障害を受けたり虫歯になるリスクが高くなる。最後に定期的なメンテナンスを必要になる。こうした問題点はどんな入れ歯だろうが付随してきます。
人によっては審美性を重要視するかもしれません。

 

部分入れ歯に求められる要件

1)部分位入れ歯であろうが総入れ歯であろうが入れ歯に求められるのは噛む機能が最大限に回復されるということです。
痛みが取れない。噛んでもしっくりこない。残った歯が動き出す。これでは安心して食事ができません。ここで大切なのは、入れ歯の設計です。設計の違いにより全く違った入れ歯になる可能性があります。

2)長期期間にわたり安定して使用を継続できる。

3)審美性に優れていること
しかしここで言いたいのはその順番です。いくら審美性に優れていても噛めない入れ歯では困ります。

入れ歯が動く

本来動いてはいけないはずの入れ歯が口の中では2種類に分けられる動きをします。
上下に動くのをピッチング、左右に動くのはローリングといいます。
ピッチングの大きな入れ歯は入れ歯の下の骨を吸収させます。
ローリングのある入れ歯は保険で作る入れ歯によく使われるクラスプと呼ばれる歯にかかる爪を介して歯を揺すり続けます。

1)ピッチングの防止
ピッチングを防止する方法は後の歯を噛ませないか、歯を並べないことが有効です。
入れ歯は骨が吸収されても痛みを感じず噛み続けることができ、ますます骨が吸収されます。そこで定期検診を受け必要ならば入れ歯の裏打ちを行います。

 

2)ローリングの防止
入れ歯にローリングを起こさせないために、入れ歯に与える噛み合わせ様式を考えてあげると防げます。それをリンガライルズオクルージョンといいます。詳細は当院のホームページの「入れ歯も自分の歯も基本は噛み合わせ」に載せてあります。興味のある方はご覧ください。
入れ歯も自分の歯も基本は噛み合わせ »