総入れ歯

総入れ歯を安定させるために

総入れ歯でどうして噛むことができるのか解説します。
下の入れ歯は上の入れ歯に比較して馬蹄型で小さいですね。上下で噛めば同じ力が上下の入れ歯にかかります。下の入れ歯は面積が小さい分だけ粘膜にかかる力は大きくなります。
でもどうして痛むことなく何でも噛めるのでしょうか?

 

総入れ歯は自分の歯があったときと較べて噛む力は20~30%しかないと言われています。
自分の歯で食事をしていた頃の力で噛んだら間違いなく痛みが出ます。

図のように中間の歯のところで噛むと入れ歯全体に力がかかり粘膜全体面全体で負担します。しかし後の歯で噛むと力は入れ歯の後方部の粘膜に大きな負担となります。

 

中間で噛んでも後方で噛んでも発生する痛みが同じであることが大切なのです。
すなわちどこで噛んでも一定の力以上の力がかかると同じ痛みを生じます。すると人は痛みの出ない範囲で咀嚼するようになります。すると人は無意識下で咀嚼を行うことができるようになります。これで咀嚼反射(そしゃくはんしゃ)が成立したと言えるのです。
この咀嚼運動の成立が入れ歯が安定して使える一つ目の条件になります。

もし中間部と後方で噛んで痛みの生ずる大きさが違うとどの力で噛んだら良いのかわからず、痛みを感じる原因になります。そこを噛み合わせの調整で均一な力へと変化させることが可能なのです。そこが入れ歯治療のダイナミックさを感ずるところなのです。

人は左右のどちらかで噛むことは意識してできますが、どこの歯を使うかはコントロールできません。
入れ歯のどこで噛んでも力と発生する痛みの均一性がとれていると咀嚼反射が成立します。下の入れ歯の大きさだけでは噛める噛めないには関係しません。

入れ歯を安定化させる二つ目の条件は入れ歯の吸着性にあります。
人は咀嚼のために1分間に60~100回の上下運動をします。開口時と閉口時を比較すると
開口の方が早く動きます。咀嚼のたびに均一な力が入れ歯にかかり粘膜に圧接され、唾液が押し出され素早い開口運動で、入れ歯に吸盤の理屈が働き吸着するのです。

咀嚼反射(そしゃくはんしゃ)と吸着性があると入れ歯は安定して使えるのです。

最近気が付いたことですが、以上の他に入れ歯の製作過程に技巧所サイドの大きな問題点がわかってきました。ある日保険で作った入れ歯が粘膜と全く合わず多きところでは1ミリ以上隙間があり、当然そこから空気がはいり入れ歯は落ちてしまう経験をしました。入れ歯作りの最後の過程でワックスで止めてある人口の歯を動かさずピンクのプラスチックと置き換えて固めるのです。この過程を「重合」と言います
 この「重合」の過程では様々な方法があり、どの方法を使うかによって入れ歯の完成精度に重大な影響がでます。当院ではDSシステムを推奨しております。下記のグラフをご覧ください。

各種の重合精度
各種の重合精度

DSシステム自体も改良を重ね現在は4世代目でより歪みの小さな入れ歯になって来ました。ですからDSシステムをやっているという技工所であってもまったく精度は異なります。仕事を依頼するにしても注意しなければなりません。

DSの変遷 グラフ
DSの変遷 グラフ